スポンサードリンク

医療事務の資格、医療事務資格を取得する

医療事務の資格の基礎

医療事務というのは、一般の企業の事務職とは仕事内容がかなり違います。というのは、医療に関する基本的な知識や、医療保険制度などに関する知識も要求されるため、普通の企業の事務業務とは大きく異なります。

現在、またはこれから医療事務の仕事をしようとする人たちに対して実施されている数ある医療事務の資格試験があります。

ただ、これらの中に国家資格はなく、すべて公的資格か民間資格になっています。公的資格には2つあり、民間資格には、実に10種類近くがあります。

医療事務の資格試験は、どれもレセプト作成業務が絡んでいます。医療事務の業務範囲は、ほぼレセプト作成業務が占めていると言っても過言でないほどレセプト業務は必須です。

もし、医療事務の資格を考えているならば、レセプト主体の資格から取得し、そして、それに加えどこまで医療事務の資格試験を目標にするか、その人の進みたい方向などにより異なります。

そして、医療事務の資格試験は、学歴・年齢などほとんど受験資格が必要ありません。そういう部分も医療事務の人気の理由になっているのかもしれません。

民間資格は、各企業や団体の講座受講生を対象に試験を実施している場合が多いので、そういう部分も確認してみましょう。

医療事務は、現在もこれからも需要のある職種といえます。ですから、転職や復職もしやすいのも確かです。元々女性が多く活躍している職場ですが、そういう面から見ても女性に向いている仕事といえます。

また、医療事務の資格に国家資格はなく、公的資格か民間資格ですが、民間資格でも十分重要視されている資格もあります。

医療事務が中心となる職場は、医事課です。医事課に最も生かせる資格を優先に取得すると良いかもしれませんね。

医療事務資格の種類

医療事務の資格の種類

現在はもちろんですが、これからも医療事務で働くために、資格を取得する人が増えています。そして、その医療事務の資格は、10種類近くもあるんですね。

医療事務の資格には、医事コンピュータ技能検定準1級、2級、3級。医療事務技能審査試験1級、2級。医療秘書技能検定1級、準1級、2級、3級。診療報酬請求事務能力認定試験(医科、歯科)。調剤報酬請求事務専門士検定1級、2級、3級などがあります。

まず、医療事務の資格に国家資格はなく、ほとんどの資格が民間資格です。そもそも国家資格と民間資格では、どこが違うのか分からない人もいると思います。

資格というのは、大きく分類すると、国家資格と公的資格と民間資格の3つに分類されます。

国家資格というのは、専門的な知識や技能がある一定の段階以上に達していることを国が認め、認定する資格です。

代表的な国家資格には、公認会計士、司法書士、税理士などがありますね。国家資格というのは、社会においての信頼度は高くなります。

公的資格というのは、国家資格と民間資格の中間くらいに位置付けられる資格です。

公的資格には、一定レベルの知識や技能があることを認められているので、就職、転職の時には有利になりますよね。そして、医療事務にも公的資格があります。

医療事務の公的資格は、医療事務技能審査試験と診療報酬請求事務能力認定試験の2つです。

民間資格というのは、民間の団体などが、独自の審査基準を設けて、民間団体が認定する資格のことで、数多くの資格があります。

民間資格といっても、企業などに幅広く認知されている資格や、保有していると信頼度が高い資格などもあります。そして、医療事務の資格のほとんどは、民間資格です。
posted by 医療事務資格 at 19:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 医療事務資格の種類

医療事務の資格試験

医療事務の資格試験

医療保険士の資格を取得するには、医療保険学院の通信部で医療事務基礎講座を受講して、中間テスト合格してから修了検定試験に合格する必要があります。

医療保健士試験の受験資格を取得するには、医療保険学院の認定する団体が実施している通信講座、通学講座を修了し、受験資格を得ることができます。

通信、通学講座修了者の初回に受ける試験の受験料は無料です。2回目以降は、4000円かかります。受験有効期間は通信・通学両方とも1年間で、この期間を過ぎてしまうと受験ができなくなるので中が必要です。

ちなみに、医療保険士の試験は毎月実施されています。

医療事務技能審査試験は、医療事務という業務に従事するものとして、医療事務に関する知識や技能をしっかりと熟知しているということを証明するための試験といえます。

これまでの医療事務技能審査試験の総受験者数は、約110万人で、その合格者も60万人を超えます。

数ある医療事務試験の中では、間違いなく最大規模の試験です。試験は、医科と歯科に分かれており、さらに1級と2級に分類されています。

また、一般の試験にしては珍しく、試験中にテキストを見ることが許可されているんです。

ただ試験を受験するためには、実務経験者か日本医療教育財団が受験校として認めている、ニチイ学館などの専門学校の講座を受講する必要があるんです。

医療事務管理士技能認定試験に合格すると、その方は、医療事務としての仕事の技能や知識をしっかりと持っているということを認められたことと同じです。

医療事務としての仕事とは、外来患者の受付や医療費の計算、診療報酬明細書の作成やカルテの作成、そして管理といった医療に関する全ての事務業務になります。

医療事務管理士技能認定試験は年6回、1月、3月、5月、7月、9月、11月に医科と歯科に分かれて実施されます。

試験には、試験会場にテキストやノートの持込みが許可されています。また、医療事務管理士技能認定試験には受験資格がありません。
posted by 医療事務資格 at 17:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 医療事務の資格試験
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。